Top
ホイアンでスーツを仕立て
a0131514_22434310.jpg

今回の旅の楽しみの一つはオーダーメイド。ホイアンのテイラーYALYで仕事用のスーツを仕立ててみました。午後に来店、生地を選び、デザインを相談、採寸、翌朝再度来店して仮縫いを試着、細かい直しを頼んで、その日の夕方には完成(ぢゅんたろうはさらに直しを頼んで夜に完成)。




a0131514_22441315.jpg

他店に比べると、値段は高いけれど質も高い、という評判通り、かなり満足できる出来映えでした。生地にもよりますが、200~300ドル程度で、3ピースのスーツ1着(ジャケット+パンツ+スカート/ジャケット+パンツ2本)がオーダーメイドできるので、お買い得。郵送してもらったので、日本に届くのが楽しみです。

ただ、やはり服のイメージを職人さんと共有するには、なるべく一般的なデザインのスーツにしておいた方が無難なようです。さらに、「女性もののパンツには裏地は不要」「ジャケットのボタンは1つよりも2つ」といった彼女たちなりの「常識」があるので、こちらの希望はしっかり自己主張する必要があるようです(細かい修正を求めても値段は変わりません)。また、日本のようにストレッチの効いた素材の生地ではないので、ある程度の動きやすさを求めると、スリムなラインはどうしても難しくなります。



a0131514_22442933.jpg

古い家屋を生かした店構えはなかなか重厚で素敵です。人気店とあって、ひっきりなしに欧米人観光客がやってきてほとんどの人がスーツを仕立てていました。アオザイを来たセールス担当の女の子たちはみな、英語が上手で、自分の担当のお客さんの顔と注文をよく覚えています。次々と注文をさばきながら職人さんに指示を出し、ボタンホールを開ける程度の簡単な作業は自分でやりつつ、合間に「もう一着作らない?」と営業も忘れません。とてもよく教育されていて、そのあたりもこのお店の人気の理由の一つかもしれないな、と思いました。

●追記●
発送をお願いしてからおよそ10日後、無事に日本に到着しました!
案の定、段ボールの中でくちゃくちゃになってましたが・・・。
[PR]
Top▲ | by Aysh_27 | 2009-08-13 00:00 |
<< ホイアンのランタン祭り | ページトップ | ホイアンの町 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin